無痛治療

「痛くない・怖くない歯科医院」を目指して

患者様の多くは、歯科医院での治療に対して「痛い」「怖い」というイメージを持たれているのではないでしょうか。当院では、そうした従来の歯科医院のイメージを払しょくするために、極力痛くない・極力怖くない無痛治療を実施しています。
これまで治療にともなう痛みが苦手で、歯科医院を敬遠されていたような方も、無痛治療であれば安心して受けて頂くことが可能です。歯科治療に対する不安が強い方は、お気軽にご相談ください。

表面麻酔

麻酔注射は治療にともなう痛みを軽減するために打つものですが、この麻酔注射の時点で痛みが発生しては、苦痛の軽減にはなりません。そうしたことから当院では、麻酔注射を打つ前に、歯茎に薬剤を塗りつけて表面麻酔を行い、注射にともなう痛みの軽減をはかります。

 

カートリッジウォーマー

麻酔液と人体の温度に差がある場合、麻酔注射を打った時に痛みが生じる可能性があります。そのため当院では、カートリッジウォーマーでもって麻酔液を人体の温度と同温度に保つことで、痛みの発生を抑えます。

 

33Gの超極細針

当院では、現在使用されている歯科麻酔針の中でも、最も細い針を使用しています。針が細ければ細いほど、注射にともなう痛みを軽減することが可能です。当院で使用しているのは、33Gという極めて細い針です。一般的に採血で使用されている針は20Gで、Gの値が高ければ高いほど細い針であることを意味します。

tel:0798-56-8484