矯正歯科

矯正治療について(歯列矯正)

矯正治療とは、叢生(歯が重なり合って生えている状態)、出っ歯、すきっ歯などの不正咬合を、矯正装置で正しい噛み合わせに整える治療です。矯正治療はお子様が受けるものとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、成人の方でも正しい噛み合わせや審美性の改善のために、矯正治療を受けられる方はたくさんおられます。
当院ではお子様への小児矯正から成人の方への矯正治療まで、幅広い方々に対して矯正治療を行っています。矯正歯科治療により得られた歯並びと笑顔は、一生の宝物となります。

下記に当てはまる方は矯正治療をお勧めします。

  • 叢生(そうせい)・・・歯が重なり合って生えている状態です。
  • 出っ歯・・・上顎が下顎よりも前に出ている状態です。
  • すきっ歯・・・歯と歯の間に隙間がある状態です。
  • 受け口・・・下顎が上顎よりも前に出ている状態です。
  • 開咬(かいこう)・・・奥歯だけが噛み合って、前歯が噛み合わずに開いている状態です。

当院が取り扱う矯正装置の種類

セラミックブラケット

 

天然歯に近い色のブラケットを、歯の表側に装着する矯正装置です。金属のブラケットを使用する装置と比べて、目立ちにくいという特徴があります。金属アレルギーの方でもご使用頂けます。

 

裏側矯正

 

歯の裏側に装着する矯正装置です。口を開けても装置が目立つようなことはないので、治療中のお口まわりの審美性を重視される方におすすめです。

 

マウスピース矯正

半透明のマウスピースを装着して行う矯正治療です。半透明なので、装置が目立つことはほとんどありません。金属を使用しないので、金属アレルギーの方でもご使用頂けます。また、患者様自身で装置を取り外すことができるので、通常通り食事を楽しんだり、しっかりとブラッシングし、虫歯や歯周病予防をはかったりすることができます。

部分矯正について

こんなお悩みありませんか?

  • 前歯の歯並びを部分的にキレイにしたい
  • 八重歯の歯並びを改善したい
  • 出っ歯の箇所だけ短期間で矯正したい
  • 矯正装置が周りから目立たずに矯正したい
  • 歯の全体ではなく、部分的矯正をして治療期間・治療費用を抑えたい

当院では歯並びを部分的に矯正する部分矯正も行っています。

  • 全体矯正と比べ、短期間での矯正が可能
  • 治療料金・費用が低価格
  • 痛みをおさえた矯正が可能

もちろん治療は矯正認定医である矯正専門の歯科医師が担当

 

 

当院の矯正治療は、矯正治療専門の認定医が担当しますので、安心・安全に治療を受けて頂くことができます。水曜・土曜・日曜日の月3回行いますので、ご希望の方はお気軽に当院までご連絡ください。

小児矯正について

近年、顎の骨の成長が不十分なお子様が増えています。そうしたお子様は、きちんと歯が並ぶためのスペースが確保できないため、噛み合わせや歯並びが乱れる傾向にあります。噛み合わせや歯並びが乱れると、見た目の問題だけでなく、口腔内の機能性や、頭痛、肩こりなど全身に悪影響をおよぼす場合があります。こうした悪影響を防止するためにも、お子様の噛み合わせや歯並びが気になった時には、すぐに当院までご相談ください。
当院では、極力将来の矯正治療に負担がかからないように、成長途中にある顎の骨を正しい位置に導くことで、噛み合わせや歯並びを整える「第1期治療」に力を入れています。「第1期治療(子供の矯正)」を受けさせてあげることで、「第2期治療(ワイヤーなどの矯正装置を用いた本格的な治療)」を受けさせずに済む、あるいは、治療を容易にすることが可能です。

小児矯正の流れ

子供の矯正は、乳歯と永久歯が混合した時期(混合歯列期)に行われる「第1期治療」と、永久歯が生えそろった時期(永久歯列期)に行われる「第2期治療」とに分けられます。一般的に第1期治療は6歳前後から、第2期治療は12歳前後から受けることができます。

■第1期治療
子供の場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。 小さいころから、矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールすることが可能になり、 キレイに仕上がる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。
逆に、あごが成長する子供の頃に、悪い歯並びやお口に関する癖を放っておくと、 あごの発育が正常に行われず、顎や顔の形などに影響が出ることがあります。 上下のあごの位置がずれることによって起こる症状は、乳歯のはえている早い時期からの治療が効果的です。

■第2期治療
永久歯が生えそろってから、ワイヤーなどの矯正装置を付けて本格的に矯正治療スタートです。永久歯が生えそろった後に行われるため、歯がきちんと並ぶスペースを確保することができない時などには、抜歯を検討しなければいけない場合もあります。歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病の予防が比較的容易になる場合もあります。

子供の矯正装置

可撤式(取り外しのできる)矯正装置

子供の矯正のうち、第1期治療では主にご自身で取り外しが可能な矯正装置を用いて、成長途中にあるお子様の顎の骨を正しい位置に導き、噛み合わせや歯列の乱れなどを改善します。基本的には健康な歯を抜く必要がなく、装置も取り外すことができるので、ブラッシングや食事も快適に行うことができます。

 

ムーシールド

低年齢児の受け口の治療に使用します。装置はご自身で取り外すことができます。就寝中に装着することで、受け口の原因の1つである低位舌(舌の位置が低い)を改善させるなどの効果が期待できます。

 

トレーナー

混合歯列期に使用する装置です。就寝中と日中1~2時間程度装着することで、お口まわりの筋肉の機能を改善させ、鼻呼吸を促進し、歯や顎の骨の成長を正しい位置に導きます。

tel:0798-56-8484