虫歯・歯周病

虫歯について

虫歯とは、口腔内の虫歯菌が糖質から作った酸により、歯が溶かされてしまう病気です。初期段階には痛みやしみなどの自覚症状はほとんど現れないという特徴があります。そのため、症状を感じて歯科医院に来院した時には、すでに虫歯が進行してしまっていたというケースも珍しくありません。虫歯はそのまま放っておいても完治することはなく、症状が進行すると最悪の場合、抜歯しなければいけなくなることもあります。

虫歯の進行

虫歯は「カリエス(Caries)」とも呼ばれ、その進行は「CO(シーオー)」から「C4」までの5段階で表されます。

C0

状態:歯の表面が、虫歯菌の酸により浅く溶けた状態です。痛み・しみなどの自覚症状はほとんど現れません。

治療法:適切なブラッシングなどのケアを継続して行ったり、フッ素塗布を行ったりすることにより、歯質を強化して、歯の再石灰化を促し経過を観察します。

c1

c1状態:歯のエナメル質だけが溶け始めた状態です。歯に小さく黒ずんだ孔を確認することができますが、まだ痛み・しみなどの自覚症状は現れません。
治療法:虫歯部分を削り、詰め物を詰めるなど、比較的簡単な治療を行います。この段階までに歯科医院で治療を受ければ、短期間で治癒をはかることが可能となります。

c2

c2状態:虫歯が歯の象牙質にまで進行した状態です。冷たい水がしみるなどの症状が現れ始めます。
治療法虫歯部分を削り、詰め物を詰めるなど、比較的簡単な治療を行います。ただし虫歯の浸食の範囲が広く、削る量が多い場合などには、被せ物を被せる場合もあります。

c3

c3状態:虫歯が歯髄(歯の神経)にまで進行した状態です。歯髄が炎症を起こし、激しい痛みなどの症状が現れます。
治療法この段階まで虫歯が進行した場合には、虫歯部分や歯髄を除去し、根管が無菌状態になるまで消毒した後、薬剤を詰めるなどの根管治療を行うことがあります。根管治療後は、歯を強化するために土台を入れ、被せ物を被せます。

c4

c4状態:歯冠(歯の目に見える部分)の3/4以上の歯質が溶けてなくなり、歯根だけが残った状態です。この段階にまで至ると通常の治療で完治することは難しくなるため、抜歯しなければいけなくなることもあります。
治療法:
この段階まで虫歯が進行すると、多くの場合、抜歯を検討しなければいけなくなります。抜歯後は、入れ歯やインプランドなどで歯の機能性を補います。

当院の虫歯治療の特徴

当院では、「できる限り歯を削らない」ことを目標に虫歯治療を行います。虫歯部分だけを検知液で染めて、余計な部分を削らないよう、また、削り残しがないように丁寧に治療します。 こうして虫歯を治療することも大切ですが、当院では現れている症状を改善させる対症療法だけでなく、その後、再び虫歯が発生するリスクを少しでも低減するために、「再発防止」を目標とした治療にも力を入れております。そのためには、患者様自身に「歯に対する意識」「虫歯に関する知識」を高めて頂く必要があります。当院では、治療前と治療後のお口の中の違いを画像などでご確認頂くことで、そうした意識・知識の向上をサポートさせて頂いております。

M.I.治療を実施しています

「M.I.(Minimal Intervention:ミニマルインターベンション)」とは、歯科治療において歯質や歯髄への影響を最小限に抑え、できる限り歯の侵襲が少ない形で虫歯などを治療する方法です。2000年に国際歯科連盟によって提唱され、「できるだけ歯を削らない」「できるだけ神経を取らない」「できるだけ天然歯を保存する」ことをコンセプトとしています。 いくつになっても患者様に、自身の歯で物を噛み続けて頂きたいと願う当院では、このM.I.治療を実施することで、天然歯の保存に努めます。

歯周病について

歯周病とは、歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)が溜まり、その歯垢内の細菌に感染することで、歯肉が炎症を起こしたり、歯槽骨(歯の土台となる骨)が溶けたりすることで、歯がぐらぐらと動いたり抜け落ちたりする病気です。初期段階には痛みやしみなどの自覚症状が現れにくいことから、「サイレントキラー」とも呼ばれています。 歯周病は現在歯を失う一番の原因とされており、日本の成人の80%以上が、何らかの形でこの歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の進行

歯周病は、歯のまわりの歯肉が炎症を起こす「歯肉炎」と、それがさらに進行して、炎症が深部にまでおよぶ「歯周炎」とに分けられます。歯肉炎は別名「Gingivitis(ジンジバイティス)」と呼ばれ、頭文字を取って「G」と表されます。歯周炎は別名「Periodontitis(ペリオドンタイティス)」と呼ばれ、頭文字を取って「P」と表されます。これら「歯肉炎」と「歯周炎」を総称したものが歯周病であり、その進行は、「G」そして「P1」から「P3」までの4段階で表されます。

歯肉炎(G)

歯茎が赤く腫れ、ブラッシング時や硬い物を食べた時などに出血することがあります。

軽度歯周炎(P1)

軽度歯周炎(P1)

歯と歯茎の間の隙間(歯周ポケット)が深くなり、そこから出血したり膿が出たりして、口臭を感じる場合があります。

中度歯周炎(P2)

中度歯周炎(P2)

歯周ポケットがさらに深くなり、歯が浮いたような感じがあるなどの症状が現れ始めます。また、硬いものを噛むと歯がグラつき、痛みなどを感じるようになります。

重度歯周病(P3)

重度歯周病(P3)

歯根を支えている歯槽骨(歯の土台となる骨)が半分以上溶け、歯根が露出し、歯のぐらつきや痛みが悪化します。この段階にまで至ると、痛みのために食事が取れなくなる場合もあります。

歯周病が全身の健康におよぼす影響

現在、歯周病は口腔内だけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼすことがわかっています。例えば、歯周病にかかっている方はそうでない方と比べて、心疾患を発症するリスクが高いという報告があります。さらに、糖尿病の症状へも影響をおよぼすことがわかっています。これ以外にも、心筋梗塞、狭心症、骨粗しょう症など、様々な症状に影響をおよぼすとされています。

妊娠中の喫煙や飲酒が、早産や流産のリスクを高めることはよく知られていますが、実は歯周病も早産や流産のリスクを高めると言われています。しかも、そのリスクは喫煙や飲酒の約5倍とされています。妊娠すると女性ホルモンが増加しますが、女性ホルモンにはある特定の歯周病菌の増殖を促すなどの作用があります。つまり、妊娠中はそれ以前よりも歯周病にかかりやすい状態であると言えるのです。そのため、妊娠前よりもいっそうのケアが必要となります。

口腔内を歯周病から守るために

「サイレントキラー」と呼ばれていることからもおわかり頂けるように、歯周病は患者様自身の気づきにより早期発見・早期治療をはかるのが非常に難しい病気です。また、日本の成人の80%以上が、何らかの形でこの歯周病にかかっているとされていることから、「自分は大丈夫」という考えは、歯を歯周病から守る上で非常に危険であると言えるでしょう。
そのため、効果的に歯周病を予防するためには、ご自宅でブラッシングなどのケアを行うとともに、歯科医院で定期的なメンテナンスを受け、常に口腔内の状態をチェックしてもらうことが大切です。「歯を失う一番の原因」である歯周病を予防することは、そのまま「天然歯の保存」に繋がります。是非、当院で定期的なメンテナンスを受けられて、ご自身の大切な歯を末永く維持するようにしてください。

tel:0798-56-8484