入れ歯治療

入れ歯治療について

入れ歯とは、加齢、虫歯や歯周病などの病気、事故などにより歯を失った時に、口腔内の機能性や審美性を改善するために装着する人工歯のことです。義歯には大きく分けて2種類あり、歯がすべて失われた時に装着するものを「総入れ歯」、歯が1本でも残っている状態で装着するものを「部分入れ歯」と言います。

総入れ歯と部分入れ歯について

総入れ歯は・・・歯をすべて失った時に装着する入れ歯です。歯茎の土手部分に入れ歯を密着し安定させます。健康保険適用の総入れ歯には、プラスチック製のものしかありませんが、自費診療のものには、床部分がシリコンで覆われているため、噛んだ時に痛みが生じにくい「シリコンデンチャー」などがあります。

 

部分入れ歯は・・・歯が1本でも残っている状態で装着する入れ歯です。総入れ歯と同様に、健康保険適用の部分入れ歯には、プラスチック製のものしかありませんが、自費診療のものには、金属のバネがなく審美性に優れた「ノクラスプデンチャー」などがあります。

当院が取り扱う入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。審美性に優れており、装着していてもまわりの人に気づかれにくいというメリットがあります。また、金属を使用しないので、金属アレルギーの方でもご使用頂けます。

■メリット
・金属のバネ(クラスプ)を使用しないので、審美性が高い
・金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも使用できる
・入れ歯本体が軽いので、装着時の違和感が少ない

金属床

床部分が金属で作られた入れ歯です。金属を使用しているため耐久性に優れており、自然に近い感覚で熱を感じることができるため、食事を美味しく味わうことも可能です。また、入れ歯を薄く仕上げることもできるので、少ない違和感で装着することが可能となります。

■メリット
・耐久性が優れている
・薄く仕上げることができるので、少ない違和感で装着することが可能
・自然に感覚で熱を感じることができるので、食事を美味しく味わうことが可能
・ほとんどの症例に適応

シリコンデンチャー

床部分がシリコンで覆われた入れ歯です。弾力性があるので、噛んだ時に痛みが生じにくく、また、粘着力が強いので、ぐらつきや外れを防止することができます。

■メリット
・噛んだ時の痛みが生じにくい
・ぐらつき、外れなどを防止することができる
・ほとんどの症例に適応

健康保険適用の入れ歯

健康保険が適用される入れ歯です。入れ歯治療にかかる費用を抑えることができます。

■メリット
・費用を抑えることができる
・ほとんどの症例に適応

当院は、信頼できる歯科技工士と提携しています

当院は、患者様に質の高い入れ歯を提供するために、信頼のおける歯科技工士と提携しています。「入れ歯が合わなくて困っている」「しっかりと物を噛めるようになりたい」「自分に合った入れ歯が欲しい」という方は、是非当院までご相談ください。

tel:0798-56-8484